千葉県芝山町・中和堂中国美術館で、中国の陶磁・書画 ≪中和堂コレクション≫を観る

FrontPage



 謹  告  




中和堂中国美術館で展示された

≪中和堂コレクション≫全作品頒布のお知らせ

≪中和堂コレクション≫を専門に公開する美術館(中和堂中国美術館/おぶせ中国美術館)を運営して足かけ十年となりましたが、平成26年5月に美術館としての公開運営を終了しました。

その間、ご同好の大勢の方々からお引き立ていただき、長い歴史の中から培われた作品の数々を通して、微力ながら人類の文化史をお伝えできたのではないかと考えております。

館主兼コレクターであります私も今や後期高齢者の仲間入りとなり、体力的にも負担を感じつつの運営でしたので、思い切って美術館の運営を終了し、今後はコレクターとして中国古美術のさらなる研究を行いながら、まだ人生の余力が残って居る内に次のステップに進めようと決断した次第です。

≪中和堂コレクション≫の膨大な作品群の行く末について、この十年間は各方面からのお問い合わせが頻繁にありましたが、せっかくの貴重な文化遺産であるコレクションが、投資目的で買われて散逸してしまうことだけは避けたい、と思いながら今日に至りました。

しかしながら、30年近くに及ぶコレクター人生で蒐集した≪中和堂コレクション≫の数々を、このままにして人生を終えるわけにはゆきません。すばらしい境涯を持ち合わせた人との出会いは必ず来ると信じて、保存公開が未来永劫に安定的に行われると確信できる寄贈先あるいは譲渡先の選定をさせていただき、全作品を頒布させていただくことを決定いたしましたので、ここにお知らせいたします。

貴重な文化遺産の生き証人である≪中和堂コレクション≫の数々の作品は、この意義を充分にご理解いただける方々(個人・法人・団体・国内・海外を問いません)にすべて託したいと考えておりますので、頒布をご希望の方々からのご提案をお待ちしております。

ご希望の作品数は、一点でも数十点、数百点、あるいわコレクション一括全部でも、またはジャンル別の作品群など、どの様なご提案についても可能ですが、唯一無二の作品のために先約が出た場合にはご容赦をお願いいたします。

頒布条件については、ご提案の内容次第により、有償・無償の譲渡方式はもちろん、寄託・寄贈方式も検討させていただきます。



≪中和堂コレクション≫の概要

陶磁器の中でも最高峰といわれる、
北宋汝官窯・南宋官窯や元・明・清の景徳鎮官窯、
龍泉窯・定窯・耀州窯・鈞窯・磁州窯・越州窯など諸窯、
これら歴代の「官窯磁器」を主とした中国陶磁が約1500点。

北魏の陶俑・唐の三彩俑などの副葬品、約200点。

戦国~漢代の青銅器約50点など。

これら中国美術の粋を、約30年間に亘って個人が収集した、
国内外でも有数のコレクションです。

特に陶磁器は、
2千年の中国陶磁史を隈なく検証できる貴重なコレクションとして、
2002年度に日中国交正常化30周年記念行事の一環として公式展覧会を開催し、
中国ならびに国内外の関係者からも多大な関心を寄せられました。




頒布の要領

頒布期間:頒布中です。

内覧申込:受付中(完全予約制)

予約方法:E-Mailは“こちら”まで。

電話/Faxは 0557-48-7897 まで。

頒布要領:詳細はご予約を頂いた段階で改めてご案内申し上げますが、
必ず当方にお出で頂いて作品の現品をご確認いただき、
その使途についてのご提案を頂いた段階で交渉となります。
 

今後ともよろしくお願いいたします。

≪中和堂コレクション≫
 竹村征男(宋 竹仙)

お申込み/お問い合わせはこちらまで

≪中和堂≫
〒414-0052 静岡県伊東市十足615-122
Tel/Fax 0557-48-7897
メールはメール




≪中和堂コレクション≫全作品頒布のお知らせ
≪中文導報≫新聞に紹介されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

⇓ ⇓ ⇓
入る

『日本收藏家寻找藏品继承人』





≪中和堂中国美術館≫館主・宋 竹仙のプロフィールが
≪中文導報≫新聞に紹介されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

⇓ ⇓ ⇓
入る

『宋竹仙收藏展示中国陶瓷史精彩』

中文導報



お問い合わせはこちらまで

a:96345 t:22 y:17

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional