千葉県芝山町・中和堂中国美術館で、中国の陶磁・書画 ≪中和堂コレクション≫を観る

おしらせ

─おしらせ・更新情報─

  • 2011年6月22日
  • 2011年6月22日
  • 2011年6月22日
  • 2011年5月24日
  • 2010年4月17日
    • 中和堂コレクションの中から書画を1点アップしました。
  • 2010年2月21日
    • 中和堂コレクションの中から書画を1点アップしました。
  • 2009年12月27日

  • 2009年12月24日
    • 中和堂コレクションの中から画像と解説を3点アップしました。
      画像をクリックしてください。
      • 青花釉裏紅058
        青花釉裏紅058
      • 明雪花藍075
        明雪花藍075
      • 明五彩090
        明五彩090

  • 2009年9月7日
    • 中和堂コレクションの中から画像と解説を3点アップしました。
      画像をクリックしてください。
      • 青白磁036
        青白磁036
      • 明黄地青花076
        明黄地青花076
      • 明五彩091
        明五彩091

  • 2009年5月29日
    • 中和堂コレクションの中から画像と解説を4点アップしました。
      画像をクリックしてください。
      • 古越磁002
        古越磁002
      • 北宋官窯020
        北宋官窯020
      • 邢州窯032
        邢州窯032
      • 清五彩095
        清五彩095


  • 2008年2月28日
    • 汝官窯水仙盆に、和水仙を活けて見ました。


      汝官窯水仙盆

    • 世界中のやきものの頂点に君臨する、北宋朝(960〜1126)
      官窯の最高傑作が、≪汝官窯青磁≫です。

    • なかでもこの汝官窯水仙盆は、皇帝たちが1年でほんの数日
      だけ、水仙の花を愛でるためだけに特別造られた、超贅沢品です。

    • 写真だとはっきり判りませんが、水仙盆の前縁と後縁の
      カーブが微妙に違いますが、これは写真のアングルのように、
      水仙を眺めた目線を水仙盆に移したときに、若干開いた口縁の
      前と後がピッと平行に見えるように、予めカーブを変えている
      のです。

    • あくまでも水仙と水仙盆が一体となって、最高の美しさを表現した、
      まさに芸術作品といえるでしょう。

    • 汝官窯青磁の詳しい説明はコレクション、またはこちらまで
  • 2008年2月25日
    • 中国陶磁の鑑定会開催のお知らせ
      • 貴方がお持ちのコレクションの中に、官窯の磁器と思われながら、
        本当の事を聞けない悩みを抱えていらっしゃる方に、朗報です。
      • 公立美術館では出来ない「中国陶磁の鑑定会」を、定期的に
        開催する事に致しました。
      • 詳しくはこちらをクリック
  • 2008年2月10日

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional